始めるなら無料お試しがお得です

ウォーターサーバーには、つめたい水と熱湯の2つの口が付いていて、常時お湯を利用できるのも人気の理由です。お茶等を準備する時も、いちいち温水をつくらなくて大丈夫です。不意の訪問者が来た際も、その場で作れますし、食事の支度にもすばやくお湯が使用できて、かなり頼りになります。冷たい水も出せますので、暑さが厳しい時期等もわざわざ冷却しなくてもOKです。コップに出してサッと飲むことが可能です。水マシンのデザインの種類も多く、部屋のテイストとあわせて決めることが可能です。

水宅配サービスを設置することで、水関連の多くの手間が省けるようになります。これまで購入した水を使用していた方は、わざわざかさばるミネラルウォーターを店から運ぶ必要がなくなります。加えて、ペットボトルのミネラルウォーター等は回栓した時から水が空気に混ざって劣化していきますが、ウォーターサーバーというのは空気にふれない仕組みになっているので、品質も落ちにくいです。いるときに送料不要で配達してくれるのもあり難いです。

クチコミでも評価の高いウォーターサーバーの水宅配をまとめていますので、チェックしてください。



都道府県リスト

ウォーターサーバーの費用やコストを比較する場合は、サーバーのレンタル料金よりも、継続的に発生してくる水の料金を比べていくことが重要です。アクアクララなどのようにRO水にミネラル成分を追加したタイプは安い傾向にありますが、富士山のバナジウム天然水などの天然水タイプは割高になってきます。実際、品質が安定していて安全性も高く値段の安いRO水タイプを選ぶ方が多いです。

WHO(世界保健機関)のガイドラインは、赤ちゃんのミルクを調乳する際には、70度以上のお湯で作って、流水などで人肌の温度まで冷ましてから与えることが推奨されています。ウォーターサーバーは熱湯がすぐに出るのでこの点でも便利です。

東日本大震災の際の東京電力の原発事故の影響で、東京の水道局の浄水場でもヨウ素などの放射性物質が検出されたりしましたが、その際に安全な水を求めて契約が殺到したのがウォーターサーバーです。現在でも、子育て家庭を中心に安心して飲める水ということで選ばれています

すでにヨーロッパでは一般的なウォーターサーバーですが、日本でも家庭での導入が進んでいます。まずは、無料でお試しができるアクアクララなどのサービスを利用して試して体験してみるのがおすすめです。

対応するエリアが広くシェアの高い水宅配のメーカーということであればアクアクララになります。ウォーターサーバーメーカーの大手ではじめての新規の方向けに一週間のお試しの期間を利用することもできます。お試しした後に気に入らなければ解約金なしで解約もできます。赤ちゃんのいるママ向けの対象プランでは様々な特典を受けられますし、アクアスリム、アクアアドバンス アクアトラスト 、アクアクレール Sなどの機種だけでなく色やカラーも選べるのも特徴です。入会金もかかりませんし、他社では有料の所が多いメンテナンスについても無料でやってもらえますし、ウォーターボトルの代金も他社より安く設定されています